FC2ブログ

ハワイ旅行に行く前に知っておいて!ハワイのトイレ事情

Aloha!


Go Hawaii Go! Go! です。
 
今回、ハワイのトイレ事情をお届けします
 


 
えっ⁉︎ハワイのトイレ事情?いならない、いらない…なんて言わないでくださいね。
 
トイレって、毎日使うものですよね⁉︎
 
海外旅行に行ったらトイレって、かなり重要。
 
海外旅行に行くのに日本人にとってハードルが低いハワイでもトイレ事情は日本と大違い!
 
特に初めて海外旅行、初めてハワイの方は、ギリギリで飛び込んで困るようなことが無いよう行く前にハワイのトイレ事情を知って、行った時の参考にしでください。
 

目次
トイレって英語⁈
日本とハワイ、トイレの違い
ハワイのトイレ、ちょっと違和感…上下の隙間
ハワイのトイレは、便器の高さがなんとも高い
ハワイのトイレって入り方があるの⁈
ハワイのトイレには温水洗浄便座は無い⁈
ハワイでトイレは危険な所と認識を!
利用しやすいトイレをご紹介
ワイキキ周辺
アラモアナ・センター
ダウン・タウン
郊外に行く時
持っておきたいトイレの必需品
1.便座除菌クリーナーまたは、除菌ティッシュ
(トイレに流せるもの)
2.携帯用ハンドソープ、ハンドクリーム
3.お尻拭き、ウェットティッシュ
(トイレに流せるもの)
4.携帯用お尻洗浄機
5.地図、交通系アプリ

 

トイレって英語⁈



 
トイレは、英語でなく日本語です。
 
でも、語源は英語のtoilet(トイレット)これ、訳すと便器という意味なんです。
 
じゃあ、なんて言えばハワイで通じるか⁉︎Restroom(レストルーム)です。
 
空港、デパート、ショッピング・センターやホテルのロビー、マクドナルド、バーガーキングなどファストフードのお店、それにレストランなど、普通に旅行に行って利用する施設ではRestroom(レストルーム)で大丈夫てす。
 
トイレへの案内サインもRestroom(レストルーム)となっているので、これだけ覚えておけば困りません。
 
サインといえば、男性用トイレ、女性用トイレ、ファミリートイレの案内サインがハワイ語の所があります。
 
ハワイ語で男性を『Kane』カネ、女性を『Wahine』ワヒネ、ファミリーを『Ohana』オハナと言います。
 


  
上のサインのように、英語と併記してくれると分かりますが、『Kane』『Wahine』『Ohana』とだけ表記されてたら、分かりにくいですよね(汗)
 
男性は『Kane』女性は『Wahine』家族、ファミリーは『Ohana』これだけは覚えておいてください。
 

日本とハワイ、トイレの違い


 
日本とハワイでは全く違うトイレ事情。
日本とハワイの違いを紹介します。
 

ハワイのトイレ、ちょっと違和感…上下の隙間


 
初めて海外旅行、初めてハワイ、アメリカ圏旅行の方は、トイレ・ブースの上下が、10~30センチくらい空いているのに違和感を感じると思います。
 


 
なんか、人間が腹這いになれば通れるくらい空いてるし、入ってこないまでも簡単に下から覗かれそうだし…違和感どころか恐怖だよ~って思う方もいるかもしません。
 
でも、これは、ブースの中で犯罪が行いにくいように、ブースの中の様子がわかるようになっているんです。
 
また、どのブースが使用中でどこが空いているのか一目でわかりますし、あまり落ち着かないからかブースの中でスマホ見たり、着替えなどしていて、なかなか出てこないなんて事は、ほとんどありません。
その辺は合理的と言えば合理的で便利と言えば便利です。
 
案外、慣れてしまうとブースの隙間とか全然気にならなくなるのですが…やっぱり慣れないと落ち着きませんよね⁉︎
 

ハワイのトイレは、便器の高さがなんとも高い


 
ハワイのトイレは、日本のトイレに比べて、ものすごく便器の高さが高いんです。
 
男性の場合は小便器の高さが70センチ近くあるものもあり、小柄なわたしは、かなりギリギリって感じなんです。
 


 
低いほうの小便器も小さいお子さんは1人ではできない高さのものが多いです。
 
大便器に至っては、座ると足がブラブラしてつかない…なんてのは普通です。
 
そこそこ背の高い方でも高く感じると思うくらい高いところがあるので、そのようなところでは小さいお子さんは大人が付いていないと用が足せません。
 

ハワイのトイレって入り方があるの⁈


 
ハワイのトイレには入り方があるところが、あります。
 
メイシーズなどの大型商業施設やマクドナルドなどのファストフード店は、普通に利用できます。
 
ホテルのロビーにあるトイレの中には宿泊者のみしか利用できないようルームキーが無いと入れないところもあります。
 
また、郊外などにある小さなショッピングセンターは、利用したお店で扉を開けるキーを借りたり暗証番号を教えてもらい利用します。
 

ハワイのトイレには温水洗浄便座(通称:ウォシュレット)は無い⁈


 


 
日本の家庭では普及率が80%を超える温水洗浄便座(通称:ウォシュレット)
でもハワイでは、殆ど普及していません。
 
最近では、ハイアット・リージェンシー・ワイキキやロイヤル・ハワイアンなどワイキキ周辺のホテルなどで温水洗浄便座が完備されているところが増えてきてはいますが、ショッピングセンターやデパートのトイレには、全くと言って良いほど設置されていません。
 
そして、トイレットペーパーの紙質は、ホテルなどは、やはりランクによってですが、日本のトイレットペーパーと比べると、わたしとしてはどこもイマイチと思ってしまいます。
 
ショッピングセンターやデパートに置かれているトイレットペーパーは薄くて固めのところがほとんどで、拭きにくく、拭き心地は最低です。(苦笑)
 
温水洗浄便座は無い、トイレットペーパーも拭きにくいとなると、温水洗浄便座に慣れ親しんでいる方にとっては大問題だと思いませんか⁉︎
 
そこで、我が家の対策を2つ紹介しますね。
 
我が家の対策の1つ目は、 お尻拭き、ウエットティッシュ(トイレに流せるもの)を使うです。
 
お尻拭きは赤ちゃん用なので生地が柔らかく、肌に優しいので拭き心地は最高。
 
ウエットティッシュもやわらいものなら大丈夫です。
 
お尻拭きは詰め替え用の袋だけのものだと値段も安く、軽くて携帯に便利!ハワイに行く時の必需品の1つです。
 
予備も含めてホテル用に2つ、外出用に2つの計4つを持って行きました。
 
これで、10日くらいの滞在で足りなくなったことは、ありません。
 
そしてもう一つは、 携帯用お尻洗浄機(通称:携帯用ウォシュレット) です!我が家は数年前から携帯用お尻洗浄機を使っています。
 

 


 
これなら、行き帰りの飛行機、ホテル、ショッピングセンターやデパートどこに行っても温水洗浄便座が使えるのと同じになります。
 
ホントに温水洗浄便座と同じ⁇お湯は出ないでしょ⁉︎って言われそうですが…それは、そのとおり水を入れれば、水しか出ません。
 
飛行機やホテルなど洗面台からお湯が出るところは40度までのお湯なら使用できるので、お湯を入れればOKです。
 
お湯が使えない場所では水ですが、ハワイなら気候も暖かいので水道の水も『冷たい‼︎』とビックリするほど冷たくないので、あまり気になりません(わたしの主観なので…個人差があります)
 
あと、携帯用お尻洗浄機はハワイ旅行だけでなく、日本に帰ってから日常でも携帯していると、駅や新幹線のトイレなどでも使え便利です。
 

 

ハワイでトイレは危険な所と認識を!


 
日本で、急にトイレに行きたくなった時に、とりあえず公園などの公衆トイレを使った事がある方は少なくないと思います。
 
ハワイでは公園などの屋外にある公衆トイレは絶対に使用しないでください。
 


 
治安の悪い地区の公衆トイレでは薬物や暴行などの犯罪に巻き込まれる恐れもあるので近寄らないなど特に注意する必要があります。
 
2018年の5月には、ウォール・アートで人気のカカアコ地区の公園の公衆トイレ内で2人の日本人がトイレ内にいた男に歯を折るほど顔面を殴打されるという事件が起きています。
 
ホテルのロビーやレストラン、DFS、メイシーズなど大型商業施設のトイレは比較的安全ですが、トイレを利用する時は、周りに不審な人が居ないかなど注意を払って利用しましょう。
 
また、ハワイでは公共のトイレにお子さんだけで行かせるのは絶対にダメ!
 
必ず大人が付いて行くようにして下さい。
 

利用しやすいトイレをご紹介


 
ワイキキ周辺など、多くの人が行く場所や郊外に行く時のトイレ探しの参考にしてください。
 

ワイキキ周辺


 
T Galleria By DFS, Hawaii
 
ワイキキ周辺ではDFSのトイレが1番のオススメ!
 
夜11時まで開いているので利用しやすいし、誰でも入ってくる訳では無いので安全性も高いです。
 
インターナショナル・マーケットプレイス
 
1階~3階までトイレがあります。(3階はファミリートイレのみ)
 
ワイキキの中心にあり、どこからでもアクセスしやすく便利です。
 
メイシーズ
 
1階奥の階段を上ったところにトイレがあります。
 
オムツ台有り
 
11時まで開いているので便利です。
 
ロイヤル・ハワイアン・センター
 
B館2階フードコートとB館4階のA館に渡る手前にあります。
 
4階のトイレは夜になると、ひと気が無くなるので、夜間の利用はオススメしません。
 

 

アラモアナ・センター


 
ニーマンマーカス、ブルーミングデールズ、ノードストローム
 
ニーマンマーカス、ブルーミングデールズにノードストロームのトイレは超キレイ!
 

ニーマンマーカス女性用トイレ
娘がすごく綺麗なトイレと言って撮りました。
 
キレイをとおり越して女性用トイレはゴージャストイレです。(わたしは男なので入ったことがないのですが…)うちの奥様と娘はアラモアナでトイレに行くときは、必ずこの3か所のどれかに行きます。
 
店舗の位置や営業時間は下のリンクからチェックしてください。
 
アラモアナセンター店舗&フロアマップ
 
また、アラモアナ・センターのトイレでも1階センタースデージのそばにあるトイレはキレイなので、そこもオススメです。
 

ダウン・タウン


 
アリイオラニ・ハレ(最高裁判所)
ドラマHAWAII FIVE-0の本部で有名な場所。
カメハメハ大王像がある建物です。
 


 
入る時にセキュリティチェックがあるので安全性はピカイチ!
 
利用できるのは月曜日~金曜日の8:00~16:30まで。
 

郊外に行く時


 
郊外にレンタカー行く時は、メイシーズがあるショッピングセンターやマクドナルド、バーガーキングなどのファストフード店、ドール・プランテーション、クアロア・ランチのような観光スポットの場所をグーグルマップなどの地図アプリで予め調べマークしておけば、いざという時慌てずに済みます。
 
 

 
iOS : Google マップ - GPS ナビ - Google, Inc.
 
Android : Google マップ - GPSナビ
 

 
ショッピングセンター、ファストフード店や観光スポットは必ずトイレがあり、駐車場にも困ることがありません。
 
The Bus で行く時は、ダ・バスアプリで経路と経路にあるショッピングセンター、ファストフード店などの場所と、最寄りのバス停を調べておくと良いです。
 
 

 
iOS : DaBus2 - The Oahu Bus App - City and County of Honolulu
 
Android : DaBus2 - The Oahu Bus App - City and County of Honolulu
 

 
でも、トイレに行くためにバスを降りて、済ませてからまた次のバスに乗るなんて時間の無駄ですよね⁉︎
 
The Busの車内は冷房がきつくトイレが近くなってしまうので、ストールなどを用意して冷え対策も万全にしてくださいね!
 

持っておきたいトイレの必需品


 
最後にハワイで持っておきたいトイレの必需品(わたし目線ですが…)をまとめておきました。
 

1.便座除菌クリーナーまたは、除菌ティッシュ(トイレに流せるもの)


 
ハワイのトイレには、便座を除菌するものが付いていません。
 
便座に敷くペーパーがある程度です。
 
また、除菌ティッシュなら食事の時に手拭きにも使えるので、一石二鳥です。
 

2.携帯用ハンドソープ、ハンドクリーム


 
ハワイのトイレにあるハンドソープは、なんの成分が強いのか判りませんが、うちの奥様は使うと手が荒れると言って、いつも使っているハンドソープとハンドクリームを持っていきます。
 
肌が弱い方やすぐに手荒れする方は持参するのをオススメします。
 

3.お尻拭き、ウェットティッシュ(トイレに流せるもの)


 
記事の中でも触れましたが、温水洗浄便座の代わりに使います。
 
軽くて持ち歩くのに最適です。
 
ウェットティッシュならお手拭きや汗拭きにも使え便利です。
 

4.携帯用お尻洗浄機


 
これも、記事で書きましたが、温水洗浄便座がないハワイでは必需品!
 

 
1度使うと手離せません。
 

5.地図、交通系アプリ


 
グーグルマップなど地図アプリとDaBusアプリは、ハワイ旅行の必需アプリです。
 
これから行く場所や経路、今どこに居るのかすぐにわかるので、1番近いショッピングセンターやファストフード店などを探せば必ずトイレがあります。
 
Google マップ 
iOS : Google マップ - GPS ナビ - Google, Inc.
 
Android : Google マップ - GPSナビ
 

 
Da Bus アプリ 
iOS : DaBus2 - The Oahu Bus App - City and County of Honolulu
 
Android : DaBus2 - The Oahu Bus App - City and County of Honolulu
 

 
トイレを探すときにも心強いアプリです。
 
ハワイのトイレって日本と全然違うのは、判ってもらえましたか⁉︎
 
子連れハワイでは、急に子供がトイレ!っていう事態に必ずなります!それはどこへ行ってもですが…(笑)
 
日本と全く違うトイレ事情、そんなとき慌てずに済むよう準備の手助けになれば嬉しいです。
 
今回も最後までお付き合い頂き
 

Mahalo!

オアフ島ドライブ Ⅲ ハレイワ散策~カフク

Aloha!


 
Go Hawaii Go! Go!に訪れて頂き、ありがとうございます。
 
今回はハレイワからカフクに向かいます。
  

ハレイワタウン




 


 
ハレイワは、ハワイの昔を感じさせてくれるノスタルジック町並みが残り、そんな町を当てもなくブラブラ散策していると、ゆったりと流れる時間に日常を忘れ、心の底からのんびりできる町です。
 
綺麗なビーチもあり、1日では散策しきれないくらいです。
 
B級グルメもたくさんあります。
シェイブアイス、ガーリック・シュリンプ、週末のフリフリ・チキンなどなど、美味しいものが揃っているのでグルメを堪能するのも良いですね。
 
ハレイワの町は、一部再開発され新しいスポット、ハレイワ・ストア・ロッツが出来てショッピングなど楽しみ方の幅が広がりました。
 

 


 
でも、古きハワイの佇まいが薄れてしまったような…寂しさを感じるのはわたしだけでしょうか⁉︎
 


 
わたしはハレイワタウンに行くと、必ず立ち寄るのがロングス・ドラッグス。
 


 
ここのロングス・ドラッグスはアラモアナ・ショッピングセンターなどのロングス・ドラッグスと違い、ローカルな香りがして大好きな場所の一つです。
雰囲気もまるで違うのですが、品揃えも違います。
店内の一角には、釣り道具が売ってたりして、ローカルを感じさせてくれるところが大好きです。
 

 
 
お安くレンタカーするならレンティングカーズ

 

アリイ・ビーチ・パーク




 


 
オアフ島でホヌ(海がめ)に逢えるビーチと言ったらラニアケア・ビーチが有名ですよね。
雑誌やテレビなどでも紹介されています。
 
ラニアケア・ビーチは有名になってしまった故に観光客でいっぱいになる事も多く、ホヌさんとツーショット写真を撮ったり、ホヌさんを眺めながら、ゆったりする事が難しくなってしまいました。
 
最近、我が家はホヌさんと逢いに、ここ、アリイ・ビーチに来ます。
 

 
我が家の場合、アリイ・ビーチでのホヌさん遭遇率は、100%なんです!
 

 
ホヌさんと写真を撮ったり、ホヌさんと綺麗なビーチを眺めながら、暫しマッタリしてアリイ・ビーチでの時間を楽しみます。
 


 
アリイ・ビーチでホヌさんに逢い、のんびりしたあとはランチに行きます。
 

ランチはカフクでシュリンプ!




 
ハレイワからカフクまでは渋滞がなければ、20分ほどの道のりです。
 
途中、ラニアケア・ビーチ、ワイメア・ビーチ、シャークス・コーブ、サンセット・ビーチなど美しいビーチや公園がたくさんありますが、ランチ前の我が家は横目で見る程度…(苦笑)
 
せっかくハワイに来たんですから、写真くらいとも思いますが…空腹には敵わず、ひたすらカフクを目指します。
 
ただ、1か所だけ寄り道しまします。
それは、このフルーツスタンド。
 

 
正直言って、清潔とは言えず、価格も安いとは言い難く…価格やおまけを付けてもらおうと交渉しても、観光客だからなのか、あまり、まけてもくれず愛想もあまり良くありません。
 
でも、ここのマンゴー、パパイヤ、バナナなどのフルーツを食べてみるととスーパーで買ったものとは味が全然違うことがわかります。
 
特にバナナの味が断然違います。
酸味が苦手という方もいるとは思いますが…味の濃さ、甘さ、酸味のバランスが良くて、違うフルーツなんじゃないかと思うくらい、とても美味しいんです。
 
我が家は、マンゴー、パパイヤそしてバナナをお買い上げ。
そしてランチに向かいます。
 

シュリンプ・ランチ




 
我が家はロミーズが定番です。
 

 
10数年前は、雑誌などで紹介されるお店を回ったりしてましたが、ある時から気付いてみるとロミーズが我が家の定番になってしまいました。
 
ただ、ここの難点は空いてるようでも、30~40分くらいは待たされてしまう事…(苦笑)
 
事前に電話で注文できますが、着く時間が遅れて、出来たてが食べれなかったら寂しいと思い、ロミーズの席に座って呼ばれるまで、ひたすら待つのも我が家の年に1度の恒例行事になっています(笑)
 

 

ランチメニュー




 

 
ランチのメニューは、バター・ガーリック・スキャンピとワン・パウンド・スチームド。
 
やはり、ロミーズに来たらバター・ガーリック・スキャンピは外せないメニュー。
そしてワン・パウンド・スチームドはもちろん何も付けずに食べても美味しいですが、バター・ソースやショウユ・スパイシー・ソースに付けて食べるとシュリンプの香りと甘みが際立って最高の味です。
 

ワン・パウンド・スチームド(左)
バター・ガーリック・スキャンピ(右)
 
ランチを済ませたらカイルアに向けて出発します。
 

<<オアフ島ドライブⅡ モアナルア・ガーデン~ハレイワ


 
わたしのブログに最後までお付き合い頂き
 

Mahalo!


 

オアフ島ドライブ Ⅱ モアナルア・ガーデン~ハレイワ

Aloha!


 
Go Hawaii Go! Goに訪れて頂き、ありがとうございます。
 
今回はオアフ島ドライブII。モアナルア・ガーデンからハレイワまで行きましょう。
 
さぁ、それではモアナルア・ガーデンを出発します。駐車場を出たら右に行きます。
 

 


モンキー・ポッドの花
 
入って来た方向は道も狭く、ツアーバスはフリーウェイから来るのでバスが来たらすれ違えません。(一方通行だったかも…知ってる方いたら教えてください。)
 
駐車場を出て右に行きフリーウェイと並行に走って行き、突き当りを右折します。
 
すぐ交差点がありますので、そこを右折しジァレット・ホワイト・ロードに入ります。
ここでは、右車線に入ってください。
 
すると、すぐ右に道が分岐しています。これがフリーウェイの入口です。ホントに右折してすぐなので、右折時は右車線に入るのを忘れないでください。
 
フリーウェイに合流し、少し(渋滞がなければ5分ほど)走るとジャンクションがありますので、右から2車線目をキープしてください。
 

*写真はイメージ
 
ジャンクションではH1 WEST Pearl Cityのサインに従って進んで行くとH1に合流できます。
 
H1に合流したら、先ほどと同じように右から2車線目をキープです。
 
この右から2車線目、もしくは真ん中の車線キープはハワイのフリーウェイを走るコツの1つです。日本で慣れない道を走る時って、スピードを抑えて左車線を走る方が多いと思います。
 
ハワイですと右側通行なので、なんとなく日本の感覚で速度を抑えて右車線に入りたくなると思いますが…右車線に入っていると、いきなり出口レーンになってしまうことがよくあります。
 
ハワイのフリーウェイは、概ね3~5車線くらいなので右から2車線目、もしくは真ん中の車線に入っていれば、出口レーンに入るときも、分岐で車線変更するのも、スムースに行けます。
 
H1に合流し、5kmくらい走るとH2への分岐があります。H2へはサインに従って走っていれば大丈夫です。サインに従って行きましょう。
 
H2に合流したらハレイワに行くには、終点まで行きます。H2は比較的渋滞もなく、空いていて道も広く走りやすいので、スピード違反には要注意です‼︎
 
もし、この辺でお腹が空いたなら、オススメはマウイ・マイクスです。もし、マウイ・マイクスに行くなら、終点の手前ワヒアワでH2を下ります。すると、カメハメハ・ハイウェイに合流します。少し(500mほど)走るとマクドナルドの看板が見えてくるので看板のところのオリーブアベニューを右折します。マウイ・マイクスは、このオリーブアベニューの交差点の角なのですぐわかります。
 
わたしの場合は、マクドナルドの駐車場に車を停めて行きます。ここのチキンは絶品‼︎持ち帰りもできるので、ハレイワについてからビーチパークで食べるのも良いですよ。マウイ・マイクスを出てハレイワに向かうには、99号線のサインに従って行けば大丈夫です。
 
寄り道してしまいましたが、H2の終点まで行ったら、99号線又はノースショアと記されているサインに従って走って行きます。走っていると道の脇が赤土で左右にサトウキビ畑やパイナップル畑が現れてきます。
 

 
わたしは、この景色を見るとハワイ!って感じがしてとても好きな景色です。
 
すると右手にドール・プランテーションが見えてきます。わたしは休憩も兼ねて良くここに寄ります。
 

 
ここに寄る理由は、車を停めてカアラ山を最高峰とする山々が道の向こうに見える景色を眺めることができるからです。この景色もわたしのハワイの1つです。
 

 
ここに寄るもう1つの理由はトイレ休憩です。ハワイのトイレ事情は日本では考えられないくらい悪いです。詳しくは別の機会に書きたいと思いますが、ドール・プランテーションのトイレは掃除もされていて、店内にあるので安心して子供達にも行かせることができるので、わたしは良く、ここでトイレ休憩します。
 
あと、ここのオススメを忘れてました。ここに寄ったら食べて欲しいのは、パイナップルソフトクリームです。
 
なんか、ベタな観光地のソフトクリームと思って、ナメてはいけません。フレッシュなパイナップルの風味がしっかり出ていてホントに美味しいです。行ったら是非ためしてくださいネ。
 
それでは、パイナップルソフトクリームを楽しんだので、出発です。ハレイワまでは、あと少しです。
 
ハレイワに向かって走って行くと、わたしがオアフ島の中で1番大好きな景色の1つ、真っ直ぐな下り坂の向こうに海が見え、両サイドはパイナップル畑やサトウキビ畑が広がっていてハワイを思いっきり感じる景色が広がります。


 
わたしは、必ず車を停めて景色を楽しんだり、写真を撮ったりします。
 
ただし、ここで気をつけて欲しいことは、この道は片側1車線の対面通行の道です。路肩は広めですが、歩道などはありません。
 
また、直線道路のため多くの車はかなりのスピードで走って行きます。お子様連れの方は、絶対にお子様を外には出さないでくださいネ。
 
大人であっても、周りには注意が必要です。楽しいドライブにするために安全には気を配ってください。
 


 
景色を楽しんだので、ハレイワに向かいます。真っ直ぐな道を下って行くと、ジャンクションがあります。ハレイワ・ヒストリック・タウンのサインがありますので、それに従って左折し、99号線の方向に進んで行くとハレイワの町に到着です。
 
あさ99号線を走ると、左になんとも、かわいいマクドナルドがあります。マクドナルドの看板もノスタルジックで、つい写真を撮りたくなる佇まいをしています。
 


 
ハレイワに到着しました。ハレイワといえば、シェイブアイス、ハンバーガー、ガーリック・シュリンプ、週末にはフリフリ・チキン、などなど美味しいものがたくさんあり、ハレイワ・ストアー・ロッツなど新しいスポットもあります。また、美しいビーチや海ガメに逢えるビーチなどハレイワを楽しんでは、いかがでしょう⁉︎
 


 
次回は、ハレイワ散策からカフクまでドライブしたいと思います。
 

オアフ島ドライブⅢ ハレイワ~カフク>>


 

<<オアフ島ドライブⅠ ワイキキ~モアナルア・ガーデン


 
最後までお付き合いいただき
 

MAHALO!

オアフ島ドライブ Ⅰ ワイキキ~この木なんの木気になる木で有名なモアナルア・ガーデン

Aloha!


 
我が家では、ハワイに行くと必ずドライブにいきます。
 


 
オアフ島を車で走ると、色々な景色に出会うことができて、オアフ島の魅力を存分に楽しむことができます。
 
我が家には、お気に入りコースがいくつかあります。
 
その中からワイキキ→H1→H201→モアナルア・ガーデン→H2→カメハメハHWを走り→ドール・プランテーション→ノースショア→いろいろなビーチに寄りながらのカフク→カイルア→パリHW→ワイキキをめぐるコースを何度かに分けてご紹介させて頂きます。
 
今回は、ワイキキからモアナルア・ガーデンまでのドライブを楽しみたいと思います。


 

H1 West への道順


 
まずは、ワイキキからH1の西方面(west)に乗ります。
乗り方ですが、アラワイ通りに出てください。アラワイ通りは、一方通行なので道なりに右車線を進みます。走っていると橋が見えてきます。
 


 
そこで右折しマックカリー通りに入ります。マックカリー通りを真っ直ぐ進んで行きます。
 
マックカリー通りとサウス・ベレターニア通りの交差点(左手にケンタッキー・フライドチキン)の交差点に来るとH1をパスする橋(左側の坂)と側道(右側の道)に分かれるので、ここは、H1をパスする橋を渡ります。
 


 
渡りきると信号のない交差点があり、左手にWEST H1のサインがあるので、そこを左折し、ドール通りに入ります。
 


 
ドール通を真っ直ぐ進んで行くと、今度は右手にWEST H1のサインがあるので、そこを左折します。
 


 
するとH1の壁が見えて突き当たるので、そこを右折するとH1です。
 


 


 
ここで注意したいのが、ここの入口は合流するまでの、日本で言う加速車線が短いので、手を挙るなど合図をして、入るとスムーズに入れます。
 
ワイキキからH1に乗る方法は、他にもありますが、ここが一番近くて、行きやすいと思います。ハワイでの運転やレンタカーについては、また別の機会に詳しく話したいと思います。
 
H1に入ったら左側2車線に入ってください。
 
H1を西に少し走るとH1(右へ)とH201(左へ)に分かれます。今回は、「この木何の木気になる木~♫」で有名なモアナルア・ガーデンに行くのでH201方面に行きます。
 
左側2車線に入っていれば、そのまま道なりに進むだけでH201に入ります。
 
H201に入ったら右車線を走ってください。モアナルア・ガーデンはH201に面しているのですが、降り口にサイン等がありません。右車線を走りながら右手を見て行くと、気になる木が見えるのでそこでおります。
 
降りるとモアナルア・ガーデンズとサインがあります。
 
サインに沿って進むと駐車場があるので、そこに駐車します。
 
参考までに、ここまでの所要時間は、30~40分程度です。
 

モアナルア・ガーデン


 
モアナルア・ガーデンは、ご存知のとおり、某企業グループのCM「この~木♫なんの木♪気になる木」でお馴染みの場所です。
 


 
ここは元、カメハメハ王家の土地で、今もガーデン内にあるコテージは1850年代にカメハメハ5世の別邸として建てられたものです。
 
その後、王家と親交のある人物に譲られ、ガーデン造りが始まりました。ガーデンを作るにあたっては、世界各国の文化を取り入れ、当時は日本の茶室もあったそうです。コテージの脇にある池も日本風が取り入れられています。
 


 
そして、このモアナルア・ガーデンが10年くらい前に閉鎖の危機があったのをご存知ですか?
 
当時、モアナルア・ガーデンの持ち主が代わりその時、気になる木♫のCMを流している某企業と新しい持ち主との間で、宣伝に用いるための協議がなかなか着かず、一時期閉鎖されていた時期があったと記憶しています。
 
その後、協定が結ばれ、閉鎖は回避されました。そして、今でも多くの人が訪れる公園になっています。
 
ホントに、いつ行っても綺麗に手入れが行き届いており、高速道路に面しているとは思えないほど静かで、鳥の鳴き声や心地よい風に、心が癒される公園です。
 


 
いきなりですが、あなた!知ってましたか?気になる木、テレビに映ってるのは1本に見えますが…実は2本の木が重なって見えているんです。実際に行って見てみるのも面白いと思います。
 
これを読んでくれたあなたも、モアナルア・ガーデンで写真を撮ったり、シートを持参して木下で只々くつろいだり、あなただけの楽しみ方を見つけてください。
 
ここまで、拙いブログにお付合い頂き、ありがとうございました。
 
次回は、ここから、ハレイワに向かってドライブの続きを楽しみたいと思います。 
 

オアフ島ドライブⅡ モアナルア・ガーデン~ハレイワ>>


  
最後までお付き合い頂き
 

Mahalo!

プロフィール

Go Hawaii Go! Go!

Author:Go Hawaii Go! Go!
ハワイ病歴29年、ハワイが大好きでたまらない私です。
子連れハワイ歴は19年、上の息子は1歳から、3歳下の娘は0歳から子連れハワイでした。
子連れとなると、旅行代金が掛りますよね⁉︎
それでもハワイに行きたい我が家は、格安に滞在できないか常に試行錯誤しています。
我が家の試行錯誤を参考にして、格安に…それでも思いっきりハワイを楽しむヒントにして頂けたら幸せです。
リピーターのあなた、初めてハワイあなた、子連れハワイのあなた、みんながハワイをリーズナブルに、そして、思い切り楽しむ手助けができる情報や、お得な情報などを書いていきますので、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR